« 8月18日に思う | トップページ | 京都・地蔵盆に参加 »

2005.08.19

三宅碑の関連史蹟を踏査

8/19(金)はれ
 午後、連載「京都に石碑を建立す」の関連史蹟を歩きました。
 いわば取材「旅行」です。

 まず円山公園へ。

2005_08190002

 芭蕉堂、西行庵、双林寺を参拝しました。

2005_08190018


2005_08190021


 ついで第1号碑の確認。
 このあたりは実に観光客が多い。

 清水寺から円山公園・八坂神社へ行かれるお客さんです。

2005_08190036

 この方たち、第1号碑の文言を読んで、目指す場所を確認していました。 
 (それでも判断に困っておられている方がおられたので、どちらへ行かれるのですか、とうかがいましたら、円山公園はどちらですかと聞かれましたので、目指しておられるところが分かりました。)

 意外でした。
 石の道標はもう役に立っていないと思っていましたので。
 第1号碑はまだ観光客の役にたっていました。

2005_08190069

 つづいて南禅寺金地院へ。
 自転車で移動します。

 ここは亡父三宅安兵衛の墓があります。

2005_08190076

 約5年ぶりの墓参をいたしました。
 受付の方に、4年前の秋に発表した三宅碑論文(『花園史学』22所収)を託し、住職さんへお渡しくださいとお願いしました。
 もっと早くお持ちするはずでしたが、大変遅れてしまいました。
 申し訳ありません。

 最後に南禅寺帰雲院の碑にも立ち寄りまして終了。
 本日も暑い日でした。

|

« 8月18日に思う | トップページ | 京都・地蔵盆に参加 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。