« 連載3「南禅寺金地院、東照宮」 | トップページ | 北野天満宮で拙著の再調査 »

2005.08.05

史蹟は同じ場所を何度歩いても新たな発見がある

 8月4日(金)はれ
hi1
 拙著『御土居堀ものがたり』最終ゲラの校正を行う。
 あわせて、内容の確認のため、遺跡地各所を自転車で回る。
 
 御土居堀跡は場所によって、おそらく何十回と立った地があるはずです。
 それにもかかわらず、本日また新たな発見がありました。
 できれば加筆したい。
 写真も1枚増やしたい。
 
 いえいえ、そんなことをしたらまた刊行が遅れます。
 誠に残念ですが、今回は原則として校正ミスの修正にとどめます。

 御土居堀跡近く、「西院」交差点付近のマクドナルドで校正を終え、さあ帰ろうと思うと、突然の雨。
 帰るに帰れなくなりました。
 
 1時間ほど雨宿りをしながら、大好きな森浩一さん(考古学)のエッセーを読んでいました。
 有意義な一日でした。

|

« 連載3「南禅寺金地院、東照宮」 | トップページ | 北野天満宮で拙著の再調査 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。