« 義経論の第一人者、前川佳代さんの講演を聴く | トップページ | 拙著、とどめの校正 »

2005.08.22

岡田有希子の誕生日

okada_yukiko2

 本日、8/22は、故・岡田有希子(第26回日本レコード大賞「最優秀新人賞」受賞歌手)の誕生日です。
 存命なら、38歳です。

 亡くなったとき、18歳7ヵ月でした(1986年4月8日他界)。
 誕生を祝い、冥福を祈ります。

 写真は1984年(昭和59)7月25日(水)に撮影したものです。
 
 2枚目のシングルレコード、「リトルプリンセス」のキャンペーンで大阪に来たときのものです。
 16歳11ヵ月です。

 ずっと秘蔵していましたが、今回初公開いたします。
 (※写真をクリックすると、拡大いたします。)

|

« 義経論の第一人者、前川佳代さんの講演を聴く | トップページ | 拙著、とどめの校正 »

コメント

shimizuさん
コメントありがとうございます。
青春時代の思い出、拝見いたしました。

 最後のシングルレコード、「くちびるNetwork」です。

 ご指摘のように、作詞Seiko 作曲坂本龍一、編曲かちぶち哲郎でした。

 松田聖子が出産休業中にもかかわらず作詞をしたということで話題性を呼び、オリコン初登場一位になりました。

 飛ぶ鳥を落とす勢いで、出す曲出す曲すべてオリコン初登場一位を独占していたおニャン子クラブのなかで、ある時期唯一それが実現できなかったのが国生さゆりのデビュー曲「バレンタインキッス」です。

 岡田有希子のこの曲にはばまれたからです。

 先日この話がすでに「小ネタ」として、テレビか雑誌に載っていて、驚きました。

投稿: 中村武生 | 2005.08.29 12:54

久しぶりにこのblogにきたら、いきなり岡田有希子とは・・・世代は違うのですが、思い出を少し。
彼女を意識するのは、サンミュージックだから。
サンミュージックと言えば、まず桜田淳子。
私は淳子と同学年で、百恵や岩崎宏美より淳子派でしたので、高校時代は日劇のステージなど行くくらいファンでした。
その後社会人となってからの時期、淳子の後継者として、岡田有希子については意識していた次第。
事務所が四谷で、彼女が飛び降りた場所とか、しばらくの間花束が絶えなくて、リアルに思い出されるなぁ。
最後の曲は化粧品のCMだったかな。
確か松田聖子の作詞でYMOの坂本龍一が作曲だったような・・・唇なんとか・・思い出せない・・永遠の妹です。

投稿: shimizu | 2005.08.25 00:33

ててさん、こんばんは。
 ててさんも8月ですか。
 
 この写真の日に初めて「生」有希子を見ました。
 次は9月24日(月・祝)で、大阪厚生年金中ホールでファーストコンサートがありました。

 これが初めての僕のコンサート参加でした。

 ライブの迫力にとても感動したことをよく覚えています。

投稿: 中村武生 | 2005.08.22 23:48

先生、こんばんわm(__)m

今日、誕生日だったんですね。久しぶりに、岡田有希子さんの笑顔を拝見して、嬉しかったです。私も8月生まれなので、一緒なのも嬉しかったりしました。

投稿: てて | 2005.08.22 23:33

この記事へのコメントは終了しました。

« 義経論の第一人者、前川佳代さんの講演を聴く | トップページ | 拙著、とどめの校正 »