« 北野天満宮で拙著の再調査 | トップページ | 忘れがたい2005年8月8日 »

2005.08.07

連載4「左々の碑」

京都に石碑を建立す 4話「左々の碑」

 三宅碑建立の事情を、まとまった形で伝える唯一の文献は、三宅清治郎が、亡父母の13回忌に刊行した追悼録『木の下蔭(このしたかげ)』(1932年6月刊行、私家版)です。
 
 そのなかに掲載された「建碑個所」一覧(343基)により、その建碑地がおおよそ推定できるのですが、なかには推定困難な碑があります。

 それが7番目に記載された「左々の碑」です。
 「左々の碑」って・・・・(苦笑)。
 この名称だけではどこに建っているか、まったく想像できませんよね。

 京都に詳しい友人たちに賞金をかけたことがあります。
 それほど発見は困難と思われたからです。

 しかし仕事のため京都市内をバイクで走り回っておられた友人K氏(女性)によって、この碑はあっさり発見されました。
 第1号碑のすぐそばだったのです。
hidari
(つづく)

|

« 北野天満宮で拙著の再調査 | トップページ | 忘れがたい2005年8月8日 »

コメント

楽しみにしてます~♪
八幡の三宅碑イベントに参加できないのが残念です。

投稿: Kさん | 2005.08.13 21:26

おぉ、Kさん、こんにちは。
ようこそおいで頂きました。
いつもお世話になっております。

「賞金」、考えます。
いましばらくご猶予を。

投稿: 中村武生 | 2005.08.12 10:49

あのー、いまだ賞金もらってないんですけど。。。(^_^;)

投稿: Kさん | 2005.08.12 03:25

この記事へのコメントは終了しました。

« 北野天満宮で拙著の再調査 | トップページ | 忘れがたい2005年8月8日 »