« 連載5「滋賀県の三宅碑」その2 | トップページ | 廃案になった拙著、表紙案 »

2005.08.28

拙著の表紙案が提示される

 去る8/26(金)、京都新聞出版センターから電話がありました。

 拙著『御土居堀ものがたり』の表紙案が届いたという連絡です。

 さっそく駆けつける。
 2案ありました。
 さぁ、どっちがよいでしょう。
 
 悩みまして、一旦返事を保留しました。
 それから2日、会う人会う人、みんなに聞いて歩きました。

14

 その結果、約40対0で、写真で掲示している方が良い、というご意見を頂きました(写真はクリックすると拡大します)。
 ご意見頂戴したみなさんに感謝申し上げます。

 刊行は9月下旬です。

|

« 連載5「滋賀県の三宅碑」その2 | トップページ | 廃案になった拙著、表紙案 »

コメント

小Kさん ごぶさたしています。
 お元気そうでなによりです。
 よろしければどうぞ遊びにきてください。
 本と書類ばかりの「事務所」みたいな家ですけれど。

投稿: 中村武生 | 2005.09.02 00:27

中村武生先生
ご無沙汰しております、小Kです。
ついに表紙まで決まったのですね、早く手にとってみたいです。
なんだかんだで忙しかったのでお宅に参上できませんでしたが、今度こそは近いうちに参上致したいと思っております(宜しかったらですが…)。
では、失礼致しますです

投稿: 小K | 2005.08.29 23:01

この記事へのコメントは終了しました。

« 連載5「滋賀県の三宅碑」その2 | トップページ | 廃案になった拙著、表紙案 »