« 三宅碑第1号を石匠に依頼す | トップページ | 迷走する「単著」 »

2005.07.29

三宅碑第1号、完成す

map1
 三宅碑第1号の続報(最終回)です。

 石匠中村方に立ち寄った翌日、すなわち10月26日、再び碓井小三郎方へ赴いています。
 もちろん「道碑の事相談」するためです。
 
 11月2日、3たび地理係へ行きます。このときは石匠中村も同道します。
 その結果、ようやく2ヵ所の「双林寺畔道しるべ碑」の建設地が決定しました。
 しかしまだ手続きは残っています。

 2日後の11月4日、また地理係へ出向きます。
地所が決定したことを受けて、改めて建設願書を提出するためです。

 その帰途、碓井宅を訪ね、碑の文字の揮毫(きごう)を依頼します。
 具体的になってきましたね。

 碓井はすぐにこれに応じ、10日後の11月13日、揮毫文の下書きを清治郎に手渡しました。
 翌日、清治郎は石匠中村宅へ行きます。
 おそらく下書きを見せたのだと思います。

 それから1ヵ月、「日記」に碑に関する記載は見当たりません。 
 しかしこの間に碑の製作・建設作業が進められたようです。

 12月24日午後、清治郎は「双林寺及び高台寺北門北入ル所の二ヶ所に」建設された碑を検分します。
 こうして碑は完成しました。

 翌日、清治郎は碓井宅を訪問します。
 そして世話になった礼を述べ、品物を贈呈するのですが、ここで世話になった内容についてふれています。
 碑銘の揮毫のほか、もう1つ、これまで触れていなかったことを記していました。

 それは「市役所紹介」です。

 市役所地理係との交渉は、碓井の仲介があってのことだったわけです。
 なるほど、たしかに市役所地理係の初訪問は、碓井宅訪問の翌日でした。
 市議や府議を経験した碓井の紹介があれば、進めやすかったのでしょう。

 明けて1922年(大正11)正月2日、清治郎は「三宅清治郎商店」の店員全員とともに碑を訪ね、その前(東側の碑)で記念写真を撮りました。
 第1号碑の完成はよほどうれしかったのですね。

 写真は、碑の建立地と、それが示す場所との関係を示したものです(写真をクリックすると拡大します)。
 円山公園へお越しの節はぜひ一度お立ち寄りください。 
(第1話おわり)

|

« 三宅碑第1号を石匠に依頼す | トップページ | 迷走する「単著」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。