« 佛教大学の前期試験でした。 | トップページ | 連載開始!三宅碑の紹介 »

2005.07.22

犬山城下町を地形図上に復元してみる

17
 昨日は栄中日文化センターの講座の日でした。
 タイトルは「秀吉プランと東海の城下町―岡崎・犬山・西尾」。
 東海地方の城下町といえば家康の影響を考えがちですが、実は豊臣政権の影響が甚大だということを述べました。
 そのあとお客さんに作業してもらいました。
 現在の犬山の地形図(25000分の1)の上に、近世の絵図に描かれた城下町を落とします(写真は犬山城天守閣)。
 
 終了後は恒例の茶話会。
 ここではお話しそっちのけで、西尾城下町を現在の地形図に落とす作業に没頭しました。
 みなさん熱心です。

|

« 佛教大学の前期試験でした。 | トップページ | 連載開始!三宅碑の紹介 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。