« 三宅碑建立の意味を「八幡の郷土史家」で解く | トップページ | 古高俊太郎らの祥月法要に参加 »

2005.07.15

祇園祭宵山の前日でした

PA160010
 本日、京都で大きな「庶務」がありました。

 バスでの帰り、やけに人が多いなぁ、なんでゆかたの人ばかりなのだ、と思った瞬間、あぁ今日は祇園祭宵山の前日なのだ、と気づきました(宵々山とはいわない)。

 最近あまりに忙しく、「7月15日」であることを忘れていました。
 ああいかん。
 
 いまの私にとって、もっとも大事な研究対象の1つが池田屋事件です。
 これは元治元年(1864)の祇園祭宵山の前日(6月5日)におきた事件でした。
 幕末の祇園祭は6月7日なのです。

 ただし旧暦の6月5日が現在の暦の7月15日にあたるわけではありません。
 現在の暦では、旧暦の6月5日は7月8日にあたるはずです。

 とはいっても「祇園祭宵山の前日」というのは、僕の心を刺激せずにはいられない響きがあります。
 本日の「庶務」が、「この日」にあたった偶然を心より喜びます。

|

« 三宅碑建立の意味を「八幡の郷土史家」で解く | トップページ | 古高俊太郎らの祥月法要に参加 »

コメント

飯田正義さま
 こんにちは。いつもお世話になっております。
 コメントありがとうございます。
 お返事遅くなり失礼いたしました。

 「庶務」につきお尋ねいただきましたが、誠に申し訳ありません。私的なことなのでお答えを控えさせてください。御許しください。

 今後とも当ブログならびに栄中日文化センターの講座をよろしくお願い申し上げます。

投稿: 中村武生 | 2005.07.20 13:46

「大きな庶務」とは何を意味するのか分かりません。先生、色々やられているので、その事務ですか。お尋ねします。
小生、栄中日文化センターの受講生の一老人です。

投稿: 飯田 正義 | 2005.07.16 17:18

YOYさん こんにちは。
 やっております。

 京都新選組同好会の活動ですね。
http://www.mediawars.ne.jp/~shinsen1/

 本日午後4時から壬生寺を出発します。
 残念ながら今回僕は不参加ですが、KZ大学のN先生をはじめ、みなさまはパレードされます。
 よろしければご見学ください。

投稿: 中村武生 | 2005.07.16 12:26

宵山と言えば、池田屋事件。池田屋事件の日と言えば、新撰組の行列がありましたね(笑)
まだやっているのでしょうか?

投稿: YOY | 2005.07.16 12:02

この記事へのコメントは終了しました。

« 三宅碑建立の意味を「八幡の郷土史家」で解く | トップページ | 古高俊太郎らの祥月法要に参加 »