« 古高俊太郎論文を菩提寺に納める | トップページ | 三宅碑建立の意味を「八幡の郷土史家」で解く »

2005.07.12

御土居堀ものがたり第4回目を行う

v6010314.JPG

 本日は佛教大学四条センターで講演の日です。
 講座「御土居堀ものがたり」も今回が4回目、折り返し地点です。
 
 今回は「江戸時代の管理と活用」というタイトルです。
 京都の惣構(そうがまえ)、いわゆる御土居が、豊臣期のあと江戸時代にどのように「生きた」かについて、論じました。

 個別テーマは、河原町通沿いの土塁が寛文以後開発される話、角倉(すみのくら)家が支配を任されながら最後は解任される話、「藪」としての意義、本当に洛中洛外の「境界」と認めてよいのか、などについてお話しました。

 暑い中なのに、お客さん約75人も来て下さいました。
 多いです。
 関係者にうかがいますと、暑いとき、寒いときはお客さんが激減するそうです。
 ありがたや、ありがたや。

 いつも話題になることは、拙著『御土居堀ものがたり』はいつ出るのか、です。
 昨日版元に尋ねましたところ、今月末は困難だそうです。
 8月上旬ではないでしょうか。
 さらに遅れるようでしたら、それはただごとではありません。

 終了後、四条烏丸で祇園祭の山鉾の組み立てを見る(写真)。

 京都惣構の構築により、天正19年(1591)から慶長6年(1601)まで、祇園祭の神幸祭は邪魔されました。
 今年もあと5日で神幸祭です。

|

« 古高俊太郎論文を菩提寺に納める | トップページ | 三宅碑建立の意味を「八幡の郷土史家」で解く »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。