« 杉浦日向子さんの訃報に驚く | トップページ | 三宅碑第1号を石匠に依頼す »

2005.07.27

三宅碑第1号、名士に相談する

yasu
 「三宅碑」第1号碑の続編です。

 建立者三宅清治郎の日記(以下「日記」と略します)に建碑の記事が最初に現れるのは、1921年(大正10)8月21日条です。
 父安兵衛(写真)の他界は前年12月ですので、8ヶ月のちのことになります。
 (建碑は亡父の遺産によってなされますので、少し気にしてみました)
 
 「双林寺畔(そうりんじ・ほとり)、西行庵(さいぎょうあん)に赴き、道しるべ建石の事を相談」した、とあります。
(ふりがなや句読点は記主中村が振りました。助詞のカタナカはひらがなに改めた部分があります。以下同じ)

 双林寺や西行庵は円山公園に南接した寺院です。
 西行庵の庵主は宮田小文といい、当時同庵を復興した人物として知られた人でした。
 この人に相談したわけですね。
 清治郎とは知己だったようです。

 注目しておきたいのは、わたしたちは三宅碑を「史蹟碑」と認識することが多いですが、当人は「道しるべ」と記していることです。

 この連載のかなりあとでふれる予定ですが、三宅碑には「史蹟碑」と「道しるべ」の両方の顔があることが分かってきます。
 本人の意思とは別に「史蹟碑」の顔をもちだすのはなぜか。
 これがこの碑の「探索」のおもしろいところです(私個人の視点ですが)。

 さて次の日記の記事は約1ヵ月後の9月19日です。
 この日、さらに碓井小三郎(うすい・こさぶろう)の意見を聞くため同氏宅を訪問しています。

 碓井は当時の京都の名士の一人です。
 京都市会議員や府会議員を経験した政治家ですが、それよりも京都の歴史を学ぶものにとって忘れがたい大事な「顔」があります。
 それは近代京都の地誌の金字塔といってよい『京都坊目誌』の編者である点です。

 清治郎自身が日記にはっきりと、
「京都市の地理、歴史に詳かなる同氏の意見を聴かんとてなり」
と碓井に相談した理由を記していました。
 
 お時間がまいりました。
 つづきはまた次回。

三宅碑の概要は以下をご覧ください。
http://homepage2.nifty.com/NakamuraTakeo-HP/yasu/index.html

|

« 杉浦日向子さんの訃報に驚く | トップページ | 三宅碑第1号を石匠に依頼す »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。