« 今週も佛教大学スクーリングに出講 | トップページ | パソコン壊れる »

2005.06.29

学生さん、未知の三宅碑を見つける

58190005
 6/29(水)あめ
 やっと雨が降りました。
 終日断続的に降り続いておりました。

 佛教大学出講の日。
 受講生S君とH君から三宅碑調査報告を聞く。

 彼らは去る6月26日、車で京都府笠置町、宇治田原町などに行き、同地に散在する三宅碑数本を確認したのです(6月23日条コメント参照)。

 問題はそれが私の知らない碑であるかどうかですが、喫茶部で報告を聞き、びっくり。
 ほとんどすべてが未知の碑でした(写真)。
 その数、6基。
 両君、お手柄です。
 
 いままでいろいろな講義で三宅碑の捜索をあおってきましたが、学生さんでこんなに見つけてきたのは初めてです。
 僕は調子に乗って、さらなる未知碑の確認を依頼しました。
 両君快く受け入れてくれる。

 これで三宅碑調査は終息に向かうかも知れません。
 両君期待していますよ。

|

« 今週も佛教大学スクーリングに出講 | トップページ | パソコン壊れる »

コメント

Sくん 中村です。
お返事遅れてすいません。
 期待していますよ。
 どうぞよろしく!!

投稿: 中村武生 | 2005.07.09 14:42

中村先生、昨日はありがとうございました。
巡検以来、普通に歩いていても、電車の車窓からも、見える石碑が気になります。
石碑の裏を見たい・・・変な衝動に駆られます。
これは”はまった”ことを意味するのでしょうか?
次回の巡検は試験終了以降、おそらく夏休みに行くことになると思います。夏の思い出です。
ご期待にそえられるようにがんばります。

投稿: 歴史地理学受講生のSです。 | 2005.06.30 14:36

この記事へのコメントは終了しました。

« 今週も佛教大学スクーリングに出講 | トップページ | パソコン壊れる »