« 松花堂弁当は誰が考案したのか | トップページ | いわゆる御土居の豊臣期を論ずる »

2005.06.14

体調不良でしたが、元気になりました

okubo

 6/12(日)はれ
 大阪府高槻市に所要ででかける。
 貴重な時間でした。心が洗われて戻ってまいりました。

 そのあと某大学の学生さんと卒論のことなどを話し合う。
 僕も勉強になりました。
 体調不良で食が進まず。珍しいことです。ビールもほとんど飲みませんでした。

 帰宅後、朝方までパソコンに向かう。
 明日も朝早いのですが、どうしても先送りしたくない事項ですので、眠くても頑張りました。
 
 6/13(月)はれ
 あまり眠れず、しかし定刻にきちんと目が覚める。
 体調最悪。こういう日もあるのかというぐらい動けませんでした。

 それでも最寄の銀行で事務処理をしなくてはならず、出かけました。
 小学校の諸費の引き落とし処理です。さぼると娘がこまります。
 
 山口県周南市のマツノ書店からダイレクトメールがくる。
 日本史籍協会『大久保利通文書』全10巻の復刻案内でした(写真)。
 絶対必要な文献ですが、また金がかかる、部屋がせまくなる、と愉快でない。
 本を買うのは研究者の不可避の営みです。
 とりわけ史料集はそうです。
 が、そうもいっていられない現実がある。

 しかし買わなければ、あのとき買っとけばよかったと必ず思うのだ。
 先年、同店刊行の『高杉晋作史料』は我慢して買わなかった。
 そのときはよい判断だと思ったのです。
 が、その後何度困ったことか。
 高杉晋作の仕事ができないではないか。
 もう少しなやみます。

 夕方、待ちに待った情報が入ってくる。
 「それは知らなかった!」と意外性もありがたい。
 もっと早く連絡くれたらよかったのに!
 瞬時に元気がでてまいりました。

 その後、京都市の某所での会合に参加。
 お話の楽しい魅力的な人と話すと元気になりますね。復活しました。
 
 帰宅後、明日の佛教大学四条センターでの講演の準備をしようとしましたが、さすがに疲れが出てまいりました。無理できず。
 午前1時半頃、寝ました。無念。

|

« 松花堂弁当は誰が考案したのか | トップページ | いわゆる御土居の豊臣期を論ずる »

コメント

ててさん こんにちは
 ありがとうございます。
 転職ですか。大変ですね。
 ご無理なさらないでくださいね。
 今週木曜日にまたお会いしましょう。

投稿: 中村武生 | 2005.06.15 06:23

体調...大丈夫ですか(T_T)心配です。無理しないで下さいね。
10月の石碑のイベント..楽しみにしています。転職するので...行けるかは微妙ですが(^_^;)行きたいので..頑張ります。

投稿: てて | 2005.06.15 02:29

この記事へのコメントは終了しました。

« 松花堂弁当は誰が考案したのか | トップページ | いわゆる御土居の豊臣期を論ずる »