« JR東海「そうだ 京都、行こう。」イベントの打ち合わせ | トップページ | 体調不良でしたが、元気になりました »

2005.06.13

松花堂弁当は誰が考案したのか

P4280037
 6/10(金)、さまざまな事務処理を行う。
 夜は、某所での仕事をこなし、夜10時頃帰宅。

 6/11(土)あめ。午後2時半、京都府立総合資料館へ入る。
 松花堂弁当は誰が考案したのか、という「問題」に取り組んでいます。

 一般的には料亭吉兆の創始者湯木貞一が「考案」し広めたことになっていますが、私は少し違う話を旧家で聞きました。
 たかが弁当、と思うなかれ。
 実は予想される結論は、私の「建碑にともなう史蹟空間づくり」研究の一部をなすのです。
 だからけっこう真剣です。

 2日前、それに関する「重要資料」の存在を知りました。
 そこでさっそく、それを蔵していた同館へ閲覧にいったわけです。
 いつものように同館司書の松田万智子さんにお世話になりました。

 ほかにも私の知らない「松花堂」関係資料をご教示いただきました。
 さっそく複写。
 ありがとうございました。
 (写真は京都府八幡市の石清水八幡宮境内にある「泉坊松花堂跡」碑です〈費用負担者は三宅清治郎〉)

 夜、美術館「えき」KYOTOの「ミヒャエル・ゾーヴァ展」に立ち寄る。
 不思議な世界に、しばし頭を洗浄しました。

|

« JR東海「そうだ 京都、行こう。」イベントの打ち合わせ | トップページ | 体調不良でしたが、元気になりました »

コメント

綾部さま こんにちは。
 「松花堂弁当」の由来は書くとながくなるので今度京都市へ来られたときお話しましょう。

 もしそれが待てない場合は、吉兆のサイトをごらんください。僕はその内容に「待った」をかけたいわけです。

投稿: 中村武生 | 2005.06.14 21:54

侍大将まこべえさま
 はじめまして。コメントありがとうございます。
 湯木貞一とは別の人物が考案したものを、湯木がたまたまこれを知り、広めた、と思っております。
 詳細はいま論文にまとめています。
 完成しましたらどうかご覧ください。

投稿: 中村武生 | 2005.06.14 21:51

こんばんは、先生。
学校の実習で作ったことがありました。
なんで「松花堂弁当」と呼ばれるのかは教えてもらってないです。
すっごく疑問に思ってたので、詳しいこと分かりましたら教えて頂きたいです。

先生の講義が受けられる学校に行けば良かったです(涙)

投稿: 綾部 | 2005.06.14 00:50

はじめまして。

松花堂弁当は、料亭吉兆がはじめたものと聞いたことがありますが、違うのですか。
吉兆がはじめたことにして、吉兆の名を全国に広めようとしたのでしょうか。

松花堂弁当という、ごくありふれた事柄からひろがる謎解き。
これから眼が離せませんね。

よろしかったら、私のブログにも遊びにいらしてください。
http://plaza.rakuten.co.jp/kobayakawa2000/


投稿: 侍大将まこべえ | 2005.06.13 14:59

この記事へのコメントは終了しました。

« JR東海「そうだ 京都、行こう。」イベントの打ち合わせ | トップページ | 体調不良でしたが、元気になりました »