2021.09.23

モデルナワクチン2回目と会津戦争終結の日に思うこと

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

2021年9月22日(水)はれ夕方一時大雨

 昨日、ようやく2回目のワクチン(モデルナ)を摂取した。
 14時間後、熱はない。注射したあたりがはれるように痛むていど。

 17時間後、38度3分まで上がっていた。ロキソニンを買ってあるので、昼食早めに取って飲む。

 26時間後、ロキソニンのおかげで37度3分にとどまっている。腕の痛みも少しましな気がする。入浴は昨日はしたが今夜は控える。ビールもやめとく。こちらは停止2日目。

 明治元年9月22日(1868年11月6日)、会津松平容保が開城して新政府軍に下った日。

 もっと早くに、少なくとも城下町攻撃までに降伏していたら婦女子など非戦闘員の犠牲者はかなり抑えられた。容保ら要路の判断ミスを忘れて会津戦争の悲劇を語るべきではない。

 鳥羽伏見戦争のあと武器や城郭を手離し全面降伏していたら婦女子や少年ら非戦闘の犠牲はもっと減ったはず。慶喜を悪くいうのはけっこうだが、慶喜の行動を会津と対比してみたらもう少し見えてくるものがあるのでは。

 余りはツイッターもごらんください。

|

2021.09.21

土方歳三に関する対談をします、京都新聞文化センター

画像

|

摂州伊丹の豪商鹿島屋岡田家と幕末著名人の交流

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

2021年9月20日(月・祝)はれ

 1日早くくずし字研究会のデータを配信する。ここまで摂州伊丹の豪商鹿島屋岡田家と藤本鉄石・小橋多助(橘陰)・金本顕蔵(摩斎)との交流を知る、文久2年(1862)以前と推定される文書(書翰)を5点読んできた。結果として幕末維新期の諸事件(天誅組、横井小楠暗殺など)に関わる人物たちだが、岡田家に知的ネットワーク維持以上の関心があったかどうか。

 余りはツイッターにつぶやきました。そちらもご覧ください。

|

2021.09.20

池内蔵太、久しぶり

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

2021年9月19日(日)はれ

 「龍馬、新発見」原稿を京都民報社に提出。池内蔵太久しぶり登場。文久3年(1863)8月20日、中山忠光勢(天誅組)が十津川へ向かう。池らは五条櫻井寺の留守番。一日で十津川には着かないので(約40km離れている)、阪本に泊る。この日書いた土方久元ら在京の仲間宛ての吉村虎太郎書翰を紹介。これ重要。読んでね。

 その他、思ったことはツイッターにつぶやきました。そちらをご覧ください。

|

2021.09.19

本阿弥光悦の逸話の典拠を探して天誅組の高取城攻撃を考える

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

2021年9月18日(土)はれ

 昨日を引きづって、本阿弥光悦の逸話の典拠を探す。『翁草』と「雨雪の友」(いずれも大日本史料の光悦死去の項所収)に入っていたが、30余年前、藤井学先生が学部の史料購読の時間にくださったテキスト(刊本)と内容が異なる。「本阿弥行状記」「にぎはひ草」にも載っていないし。あの典拠はなんだったのだろうか。

 内容。友人に会いに行かなくなった理由を語らず、しくしく泣いているのに気づいて話しかけたらあんな馬鹿なやつだと思っていなかった、それに気づかなかった自身がなさけないというようなことだけ記してあった。たぶんこちらが『翁草』などより古態だと思う。 それにしても30年以上もたってまだ気になる講義やテキストというのがすごい。藤井学先生の講義は迫力があった。藤井先生は京都府立大学の専任だったが、ぼくの在籍地にも非常勤で出講くださっていた。

 天誅組の高取城攻撃の植村家側の史料を「みを」さんに協力願って打ち込む。今回はすごく役にたったということはなかったが、やる気を起こさせてくれたのはありがたかった。

|

2021.09.18

寺田屋跡保存はすごいこと

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

2021年9月17日(金)ときどき雨

 遅れまくった幕末政治と新選組を配信する。週初に予定外に2日も外出したからまとまった時間が取れなかった。懸案にあたれたが進まない。

2021年9月16日(木)

 栄中日文化センターに出講。本阿弥光悦と鷹峯、大正初年の政治史を話す。前日のせいで寺田屋論をしてしまった。現在の寺田屋建物って最晩年の徳川慶喜が立ち入ったものとか。

|

石碑にひそむ意味・価値

9月15日(水)はれ

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

 水曜ゼミ。自身の縁ある宅地の売り出し情報から石碑建立の意義につきあらためて気づいたことあった。

|

2021.09.16

山科本願寺・寺内町を考える市民の会を行政は無視なさいます


※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。
 京都市は山科本願寺跡中心部を公園化するにあたってながく地元で啓発活動をしてきた「山科本願寺・寺内町を考える市民の会」にいっさいの連絡もしませんでした。同会は文化財保存全国協議会から和島誠一賞をいただいています(第6回、2005年)。京都市はそのような団体さえ無視なさいます。

|

「御土居」保護に関する京都市の姿勢は東京都や金沢市に比して恥ずかしい

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

 京都市は惣構土居堀(所謂御土居)の啓発だけして、地上に残る遺構の国史蹟追加指定をせず、発掘で見つかる土居基底部は破壊しつづける。発掘でみつけると史蹟追加指定する東京都や、失われた部分にあらたに土居をつくって公園化する金沢市のような自治体が存在するなか、とても恥ずかしいと知るべきだ。

|

2021.09.15

くずし字は年不明11月朔日ヵ岡田正造宛金本顕蔵(摩斎) 書翰

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

2021年9月14日(火)くもりときどき雨

 昼、カレーライス。娘は冷凍吉野家牛丼。生卵入れると言い出し驚く。

 夕方また保険の件で洛北へ。夕食はぶり。唐揚げと焼き鳥買って帰る。くずし字は年不明11月朔日ヵ岡田正造宛金本顕蔵(摩斎、相観) 書翰をお送りする。

|

«保険の件で洛中へ