2019.11.11

最近の中村武生の講座・巡検

◆「2019中村武生の日本の歴史、いま・あのころ」

巡検(バスツアー、日帰り)のご案内

 

近江(滋賀県)・伊勢(三重県)の旧蹟を訪ねます。

京都市内からバスに乗って滋賀県甲賀市・三重県津市・同多気郡明和町に行きます。帰りもバスです。

それほど長くは歩きませんので、健脚でなくても問題ありません。

「中村武生の日本の歴史、いま・あのころ」の受講者でなくても参加OKです。

どうぞおこしください。

日時:本年12月1日()午前9 時~午後6時ごろ

行き先(予定):①垂水斎王頓宮跡(国史蹟)、②東海道土山宿跡、③北畠氏館跡庭園(国史蹟・名勝)、④国史蹟斎宮跡(国史蹟)、⑤津城跡(三重県史蹟)と城下町、など

※都合によりコースに変更のある場合があります。ご理解ください。

参加費:,500円(受講料、資料代、バス代、保険代込み)

募集:35名(要予約)

弁当・水筒持参

集合場所:京都市役所の向かい、本能寺会館前(京都市中京区河原町御池西入ル南側、市営地下鉄東西線京都市役所前下車すぐ)、当日午前8 時55分まで

解散場所:烏丸御池(京都市中京区)交差点

雨天決行

申し込み:tasuki@dream.nifty.jp

.

講師:中村武生(歴史地理史学者、京都女子大学など非常勤講師)

◆ 日本史講義「日本の歴史と天皇・公家・武家」  

 

連続型・各回募集。14時間ですが、論理性のある豊かな内容のお話は大変楽しく、時間もあっという間に過ぎると好評です。


 講師:中村武生

 主催:アイリス京都(http://kimikonakatsuka.wixsite.com/iris )

 日程: 

第26回2019 12月15日(日) 12:30~16:30

「織田信長の政治と軍事・その2―統一政権期」 島本町ふれあいセンター・視聴覚室(JR島本駅から徒歩5分)      

 

27回:  来年(2020年)1月12日(日)12:30~16:30  島本町ふれあいセンター・3階(JR島本駅から徒歩5分)

「羽柴(豊臣)秀吉の政治と軍事」(予定)

幕末維新研究最前線
 明治維新期、第1回:慶応4(明治元)年の政治過程
本年12月22日(日) 13時~17時 アスニー山科・実習室(JR山科駅から徒歩3分)
 ※前回は江戸開城あたりまですすみましたが、少しさかのぼり五箇条の御誓文・五榜の掲示などにもふれます。
 戊辰戦争継続中の新政府の動向をお話しいたします。
 同   第2回:来年(2020年)1月18日(土)12:30~16:30  
                 島本町ふれあいセンター・3階(JR島本駅から徒歩5分)   幕末期については、既に8回が終了。各回の詳細なレジュメが次のサイトから読めます。
https://kimikonakatsuka.wixsite.com/iris/advertisement 

各回4時間。1時間おきに休憩あり

 参加費: 3,500円(当日徴収、キャンセル料なし)

 申込み方法:次のことを明記の上、メール(kimiko.nakatsuka@gmail.com )下さい。電話(090-6203-4380中塚)も可。

    1.お名前  2.当日連絡がとれる電話番号 3.どの回の講義に参加ご希望か?  

  *各回ごとに参加できます。各回ごとの講義の詳細なレジュメがサイトから読めます(http://kimikonakatsuka.wixsite.com/iris/history )。

 サイトから読めない方はご連絡下さい。尚、レジュメはアイリス京都が作成したものです。

 

 

.

学びのフォーラム山科

(未定) 」

来年(2020年)9月2日(水)10:00~12:00(開場9時30分)               
     歌唱指導/10:00~10:30  講演/10:30~12:00

演者 :  中村武生

入場料 : 無料(申し込みは不要です。直接会場へお越しください。)    
定 員 : 先着260名                         
会場・お問い合わせ :                         
     京都市生涯学習総合センター山科(アスニ―山科)     
      京都市山科区竹鼻竹ノ街道町92 ラクト山科C棟2階    
     TEL593-1515        

.

中村武生の日本の歴史、いま・あのころ

新聞に載った最近の日本史ニュースの解説と高校日本史レベルの講義を行います。

第255回 南北朝時代、足利義詮の上洛 など  

日時:2019年11月12 ()午後0時50分~午後2時(1時間10分ていど)

会場:キャンパスプラザ京都(4階第4講義)

原則毎週火曜日、同じ時間 

(京都市下京区西洞院塩小路下ル東側。JR京都駅中央改札から西へ徒歩4分)

予約不要 

受講料:500円(会場でお支払いください)

次回は、 「高師直の滅亡」、年11月19日()です 。時間・会場は同じです。

 

「明治維新史をまなびなおす-そのとき龍馬と新選組はどこでなにをしていた」

 第15回「浪士取立、三条実美の登場―文久2年下半期」

 講師:中村武生

 2019年12月8日(日)午後5時30分~6時30分 

参加費:1500円(要予約、会員1、000円)

場所:酒場龍馬(京都市中京区木屋町通六角下ル)

主催:NPO法人京都龍馬会http://www.kyoto-ryoma.jp

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「新選組論・その2―八月十八日政変から池田屋事件へ」/

演者 :中村武生

来年(2020年)8月9日(日)13:30~15:00/

終了後懇親会があります/

要予約(YSB の玉置さん090ー7094ー7937)/先着40名

於奈良県橿原市・札の辻交流館(橿原市北八木町2-1-1、0744-26-2684)/

千円/

主催:YSB(大和・桜井・幕末維新を学ぶ)

 


「政治史のなかの新選組」in京都

 [日時]2019年10月13日()午後2時から2時間ていど

 [定員]要予約。先着8人ていど(あと3人) shisekitai@nifty.com)

お名前・ご住所・携帯番号を明記してメールで事前にお申し出ください

 [参加費],500円(受講料・資料代込、茶菓付。当日お支払いください。学割2,000円、当日学生証を持参ください)

 [概要]慶応4年5月(1868年6月~7月) 、近藤勇死後の新選組など

 [会場]中村武生歴史地理研究室(京都市営地下鉄東西線「二条城前」駅から東へ徒歩5分)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【現地をあるきましょう】


講座「元治甲子戦争(禁門の変)をあるく・知る」

第5回 粟生(あお)光明寺などをあるく(巡検)

2019年11月4日(月・祝)

 城州乙訓郡の長州勢布陣地は山崎にとどまりません。至近の粟生光明寺などの寺院も使用されました。

絵図を片手にあるいてみましょう。現地で史料も読みます。

集合場所・時間:阪急京都線「長岡天神」駅改札、午後2時

要予約(メールで)

小雨決行

定員:10名ていど

参加費:,500円(資料代・講師料込。現地でお支払いください)

.

第7回 来島又兵衛ら、嵯峨天龍寺へ移動2(座学第5回)

 2020年1月26日(日)

 元治元年(1864)6月26日、長州毛利勢のうち河原町屋敷・伏見屋敷の兵が多く嵯峨天龍寺に移動しました。すわ開戦かと京都守衛を任された諸侯は色めき立ちました。これに関わる信用できる史料を講読します。

場所・時間:中村武生歴史地理研究室、午後2時

要予約(メールで)

定員:8名(あと2名)

参加費:,500円(資料代・講師料込。当日お支払いください)

 

 


終了いたしました「徳川末期京都、絵図ぶらり」いたします!

第12回 2019年4月21日()

行き先:下京

新選組屋敷跡のあった京都南端から北上します。西本願寺、本圀寺跡など政治史の舞台地など、いろいろをもとめ徳川末期の絵図などを片手にぶらぶらします。急なコースの変更がありましたらお許しください。

集合場所・時間:JR京都駅中央改札前、午後2時

予約不要

小雨決行

参加費:,500円(資料代・講師料込。現地でお支払いください)

懇親会もします(参加自由。別途有料)

 

「花洛名勝図会」をあるく

◎第38 回  後二条天皇陵、吉田神社など

2019年11月18日(月)

集合:午前10時までに、京都市左京区の京都大学農学部正門前

行き先(予定): 後二条天皇陵、吉田神社 など

雨天中止。千円。参加自由。予約不要。

交通費・拝観料は自弁ください。

コースは変更する場合があります。

 

 

御土居堀をあるく都市に埋没した城壁・環濠の痕跡をさがす

 ※豊臣秀吉期に構築された京都の城壁・環濠の跡地を1周しています。

2019年12月21日(日)、午前10時~12時 

集合:京都市中京区の京阪電車「京都市役所前」駅改札、午前10時までに。

行き先:集合場所の北、二条通の北から洛中惣構土居堀の旧蹟地を北へあるきます。

○参加自由。予約不要。 ○雨天中止 ○参加費:千円(現地でお支払いください)

 

主催:京都御土居堀研究会(中村方)

 

中村武生のくずし字初級会-毎週読もう


※実際にくずし字を読む演習です。明治維新期の史料を読みます。

現在は、西村兼文『甲子戦争記』を読んでいます。元治元年7月19日(1864年8月20日)です。

初心者歓迎。.

要るもの:鉛筆、けしごむ、原稿用紙、『くずし字用例辞典』(東京堂出版)など

週イチ

毎週水曜日、午後7時~830分ごろ(1時間30分ていど)

茶菓付、持参下さってもけっこうです。

場所:中村武生歴史地理研究室

予約制、月額8,000円(大学生などは学割6,000円。原則5週目は休講、祝祭日も同様)。月の途中からの参加も可能です。

茶菓付

定員:8人ていど(キャンセル待ち)

対象は、初心者です。 

 予約は中村武生歴史地理研究室(メールtasuki@dream.nifty.jp)まで。

|

2019.11.08

名古屋市で所郁太郎を講じ、桶狭間古戦場候補地のひとつをあるく

2019年11月2日(土)はれ

 名古屋市の栄中日文化センターの中部の幕末維新講座に出講。濃州・西方出身、所郁太郎を講ずる。準備中に予想外の事実に気づく。淡海弘て(絶句)。 おそるべし所郁太郎。これは呼ばれてたな、ハマったなと。そのうち改めて披瀝するときがあろう。今さらながら。「美濃浪人」を初めて読んだ中学生の自分に話しかける。あんた、この人に人生最後にハマるよ。

 予感はしてたんやけど。だから情報収集を心がけてたんやから。ここまでとは今回まで分からず。まさか美濃浪人に「淡海弘」出ていたとは。うかつでした、うかつでした。 疑問が音を立てて解けていく。

 終了後、桶狭間古戦場のうち今川義元本陣跡推定地、高田徹さんのお説の漆山に行ってきた。なるほどたしかに中嶋砦や善照寺砦は直下と真正面だ。

|

2019.11.05

有待庵とか足利直義失脚とか御花畑とか

午前中くずし字研究会で知足院夢覚宛の難解な書翰を1通読み、昼は日本史講座。有待庵保存問題、八幡製鉄所の名が消える件、岐阜城天守付近の発掘始まる、足利直義失脚など。夕は摂津岡本の大学で小松帯刀京都寓居(御花畑邸)と薩長同盟論。

|

2019.11.04

乙訓地域での元治甲子戦争(禁門の変)巡検

本日の元治甲子戦争(禁門の変)巡検の成果についてコメントすべきなのだが、ちと言葉にならない。未来予想みたいなことばっかりやったから。でも、甲子戦争はいつかきっと重箱の中心になるという確信は変わらず。まだまだ甲子戦争はまとめられんね。読めてない史料もものすご多いし、論点整理も不十分。

|

2019.11.03

講座「元治甲子戦争(禁門の変)をあるく・知る」

講座「元治甲子戦争(禁門の変)をあるく・知る」

第5回 粟生(あお)光明寺などをあるく(巡検)

2019年11月4日(月・祝)

 城州乙訓郡の長州勢布陣地は山崎にとどまりません。至近の粟生光明寺などの寺院も使用されました。

絵図を片手にあるいてみましょう。現地で史料も読みます。

集合場所・時間:阪急京都線長岡天神駅改札、午後2時

要予約(メールで tasuki@dream.nifty.jp)

小雨決行

定員:10名ていど

参加費:,500円(資料代・講師料込。現地でお支払いください)

.

第6回 来島又兵衛ら、嵯峨天龍寺へ移動(座学第4回)

 2019年11月9日(土)

 元治元年(1864)6月26日、長州毛利勢のうち河原町屋敷・伏見屋敷の兵が多く嵯峨天龍寺に移動しました。すわ開戦かと京都守衛を任された諸侯は色めき立ちました。これに関わる信用できる史料を講読します。

場所・時間:中村武生歴史地理研究室、午後2時

要予約(メールで)

定員:8名(あと2名)

参加費:,500円(資料代・講師料込。当日お支払いください)

|

2019.11.01

しっかり調べてから発言せよ

有待庵保存問題の件。昨日の産経新聞のコメントと本年5月16日付京都市長等宛要望書の中身に齟齬があると指摘した者がいるらしいが、解体せずとも移築できる業者を得たのは翌17日のことである。その後見解を変えたことは6月3日付同宛抗議文に明記している。しっかり調べてから発言せよ。

|

2019.10.31

コメントが載りました。有待庵保存問題、産経新聞

有待庵保存問題、中村武生のコメントが載っております。

 

維新の密談舞台? 大久保利通の茶室保護は英断か拙速か 京都市の行動に賛否両論 sankei.com/west/news/1910

|

2019.10.27

大和多聞城跡を訪ねる

10月23日(木)、雨天のなか、京都新聞文化センターの巡検で大和多聞城跡を訪ねる。多門町公民館で手作りな多聞城資料室にお邪魔する。佐保川が多聞城の外堀というのは問題ないのだが、都市民の居住地を排除し、家臣団屋敷のみを囲った構造を惣構と呼ぶことに違和感を感じた。これ誰の説ですのん。若草中学校に立ち入らせてもらう。光明皇后陵域に残る天守台を遠望し、残存土塁に心踊る。転害門から東大寺旧境内に入り距離感を得る。正倉院から大仏殿・南大門を通って近鉄奈良駅で解散。

|

2019.10.24

信長講じて聚楽城あるき甲子戦争を読んで箱館戦争を見た

10月23日(水)、午前中洛東大仏日吉山の非常勤先に行き、昼ラーメン店でからあげ定食して、午後からよみうり文化センター京都教室に出講、信長論を講じる。夕方は聚楽城本丸・南二の丸と武家地跡を歩き(今日はひとりで)、夜はくずし字入門で甲子戦争記を読んだ。受講者さんが先週北海道に行かれ、箱館戦争古戦場を歩くイベントに参加された。その写真をスライドで拝見する。

|

2019.10.22

天皇即位の礼の日

10月22日(火)

 くずし字研究会で鳥居小路法印から知足院宛の書翰読んで、日本史講座で足利直義と高師直の対立話して、天皇の即位の礼のせいで摂州岡本村の非常勤先が休みになったので有志と少し飲みに行った。

|

«地方史協議会京都大会行けず